食品製造の派遣の生の声

最新記事一覧

2017年10月23日
食品製造の派遣の生の声を更新しました。
2017年10月23日
食品調理に興味がある方におすすめを更新しました。
2017年10月23日
食品製造の派遣はメリットがいっぱいを更新しました。
2017年10月23日
近場でも仕事が見つかりやすいのが魅力ですを更新しました。

私が体験した食品会社への派遣

食品加工会社が派遣会社に求人を出す最大の理由は二つあると思います。
一つは誰でもできるような単純な作業がほとんどだということです。
その日初めてでもそれだけをずっと続けていれば嫌でもすぐに慣れますし、業務の進行に大きな差はありません。
二つ目は忙しい時にだけ求人を出すことができるので、経済的に合理的だということです。
現に私が経験した食品会社では、お正月のおせちに使う伊達巻きを作っている会社だったんですが、年末の求人でした。
私が担当していた業務は、出来上がった伊達巻きに包装紙のフィルムを貼るだけの本当に単純な作業でした。
工場内もそういった気質の人が多かった印象ですが、黙々作業が好きな人にはピッタリの職場だと思います。

出来上がったものが目に見えて分かるので、その達成感をやりがいに感じる人もいるんだと思います。
繁忙期は残業することもありますが、その点大変そうな反面、しっかりした所ではちゃんと手当ても支給されているので、それも意欲に繋がるのではないか、といった印象でした。

大手食品製造会社への派遣

私はフリーター時代に、ある派遣会社から大手の食品製造会社へ派遣として働くことになりました。理由としては、食品の製造は体力を必要としなさそうなのと、給料が日払いだったからです。実際に働いてみると、楽な仕事もありますがきつい仕事もあるなという感想を持ちました。楽な仕事は、食品の原材料がトラックから運ばれてくるのですが、それを工場のラインまで運ぶという仕事です。力仕事と思うかもしれませんが、業務用のエレベーターもついていますし、距離もそこまでなかったので全然力を必要としません。これは楽だなと思っていましたが、次の仕事に絶望しました。それは、ライン作業です。食品製造工場で働いたことがある人ならその厳しさが分かると思います。ラインの流れるスピードは初心者がついていけるスピードではなかったので、私たち新人の派遣が入ると、ラインが何回も止まってしまいました。その度に怒られたりしたので、みるみるうちに時間が気になり、早く終わらないかなと思っていました。しかし、同じライン作業でも楽な仕事もあります。僕の体験では、ごまをサラダの上にかけるだけの仕事はとても楽でした。ですので、次からはその仕事を取るために、ごまを乗せるラインの位置に素早く移動しないとなとか考えて仕事していました。もし、食品製造の派遣をする際には、どの部署、仕事が向いているのかを理解してから仕事をするのかを決めた方が良いと思います。